料理の時間が3分の1に!コスパ&効率最強の家電の紹介!

これ一台で本当に効率が変わる!

料理は面倒すぎる!

 皆さんは普段、自炊をしますか?

自炊したり、毎回料理を作ったりする人には分かるかもしれませんが、料理って材料から作ると 本当に面倒くさいし、時間がかかりますよね。

かと言って、カップ麵や 冷凍食品を大量摂取するのも体にいいとは言えません。

 今回紹介する 調理用家電の「クッキング・プロ」は、金のない人時間のない人 に超おすすめな家電です。

正直言って、今までこのサイトで紹介してきたどの商品よりも使える代物です。

クッキング・プロとは?

 まず第一に、クッキング・プロとは何なのか。

この機械について軽く説明しておくと、一応ジャンルとしては”電気圧力鍋”です。

しかし、一台で8つの用途に使えるため、イメージ的には「料理用の便利グッズ」みたいな感じの商品です。

仕組みは炊飯器に似ていて、中に釜が入っていて、電気で加熱・加圧して調理します。そして、炊飯器同様、調理中は基本ほったらかしでいいというメリットもあります。

では、早速クッキング・プロの特徴とも言える機能を見ていきましょう。

1.圧力調理機能

圧力鍋で出来ることはクッキングプロにもできる!

 一つ目の機能は圧力調理です。

まあ、元々この製品のジャンルは「電気圧力鍋」なので、当たり前と言えば当たり前ですが…

圧力調理の料理で有名なロールキャベツローストビーフも、下準備以外の加圧調理はクッキング・プロに丸投げする事ができます。

ちなみに、加圧・余熱・減圧 の流れは全て自動でやってくれます。

スロー調理対応

 スロー調理とは、圧力調理で時間のかかる料理の調理方法です。

先ほど紹介したロールキャベツなどは、時間をかけて蒸していくので 厳密にはこちらのカテゴリーに入ります。

“時間をかけて調理できる”という点以外では普通の加圧調理と変わりません。

2.煮込み機能

  普通の圧力をかけないタイプの煮込み料理にも対応しています。

シチュー系やスープ系の料理は、この機能を使うことでかなり楽になります。えらいことに、調理が終わると、勝手に保温しておいてくれます。

これも、圧力調理と同様に、ほったらかしでOKです。(一部ダメなものもあるけど)

3.炒め調理機能

 驚いたことに、この商品 炒め物の機能までついていて、野菜や肉を炒めることができます。

小型のIHヒーター程度のパワーがあり、熱が じかに食材に伝わるため、普通のガスコンロ並の炒め調理が可能です。

 かき混ぜるのは人の力でやらなないといけないので、この機能については自動化はできません。

4.炊飯機能

 4つ目の機能は、炊飯機能です。

ただ炊飯するだけなら、他の炊飯器でもできますが、クッキング・プロの場合は、加圧して調理するので炊飯時間が短く、余熱した状態からわずか6分程度で2合分のご飯を炊くことができます。

こちらも、煮込み機能と同様に 自動保温の機能があるので、しばらく放っておいても大丈夫です。

5.無水調理

 

 通常、この手の調理機は 無水調理に対応していない商品が多いですが、クッキング・プロは無水調理もボタン一つで可能です。(一部ダメな料理もあります)

基本的には 熱を加えていくだけの簡単な調理なので詳しくは割愛します。

7.温め直し

 最後は、一度冷えたものを温め直してくれる機能です。

ボタンを押すと、勝手に温めて 少し熱いくらいの温度で温めてくれます。

使いどころは微妙ですが、あると いざという時にとても役に立ちますよね!

こちらもおすすめ