[在宅]自分でブログ運営はもう古い?記事作成の仕事とは?

正直言って筆者はブログは時代遅れだと思います。これからの将来性も考えると、やはりライターとして活動する道が賢明だと思いませんか?

実は自分でサイトを運営するのは損だった!?

言うほど儲からないサイト運営

 

 副業として、もしくは空き時間で儲ける”アフィリエイト”。中には一月で100万円を稼ぐ人もいるくらいです。この言葉に飛びつき、ブログアフィリエイトを始める人は今でも山のようにいるのは確かな話です。

 そしてまた、「全然儲からない」と辞めていく人が大勢いるのもまた確か。

 

「ブログで儲けよう」と言って 始めた人のうち、半年以内に半分近くの人が諦め、一年後には半分~8割程度の人が諦めてしまいます。

 

こんな状態で、自分でサイトを作ってブログ運営を始める人は自殺行為なのでは?と思ってしまいます。

 実際に、ブログは始めてから報酬がもらえるようになるまでに約半年~一年ほどかかり、その間は無収入で永遠と記事を書き続けなくてはいけません。正直言って、やってられません。

 

今回は、ブログを運営するのではなく、ライターとして活動することのメリットを紹介していきます。

初期投資はゼロ

 

まず、ライターの人の仕事は 基本的に記事を書くことなので、独自でサイトを立ち上げる費用(サーバー&独自ドメイン)が一切かかりません。

ブログは最初に立ち上げる時の資金とサーバーやドメイン設定の手間が特に大変なので、最初にお金を払う必要も、面倒くさい設定をする必要もありません。

これらの面倒ごとがないだけでも、十分お勧めできることでしょう。

 

必ず報酬がある

 

 一般的に個人で運営しているブログは、アクセスPV数や広告のクリック数などによって報酬が発生します。

つまり、儲かる月もあれば 儲からない月も当然あり、収入はかなり不安定でいきなりオワコンになって収入がゼロになることもあり得るのです。

これってかなりリスキーじゃないですか?どんだけ記事を書いても1円たりとも「安定した収入」は得られないのですから。

あまり調子に乗ってお金を使うと来月破産…よくあることです

 

 これに対して、ライターの場合は「1文字当たり1円」や「1記事で8000円」など、成果に応じて決まった額が振り込まれるため、リスクはその分かなり減ります。

報酬が固定されていることを不満に思う人も少なくないでしょうが、クラウドワークス等で募集案件を見ていると 報酬UP制度があったり 仕事を多く頼まれるようにもなるようです。

実際、固定報酬と言えど 月10万~20万円ほど稼いでいる人がゴロゴロいるようです。

 少しでも「安定した収入を得たい」という考えがあるならばライターになることをお勧めします。

 

webの知識がそんなに要らない

 

 自分でサイトを運営する場合、設定方法やSEOなどで一度はつまずくことでしょう。問題を修正したり、さらにサイトを発展させようと考えるならばwebに関する知識が必須になっていきます。

ときには、専門家レベルの知識、スキルを必要とする問題も起こります。こうなったときはまず一人ではどうにもなりません。

しかし、これもライターの人から見れば全く関係のない話です。記事を書くのは自分でも、あくまで管理者/運営者は別な誰かですし、直接webサイト運営に関わることは まず無いので気楽に仕事をできます。

 

お題は勝手に決めてくれる(ところがほとんど)

 

 ブログを書く上で、ある程度記事がスラスラかけるようになってくると深刻なネタ不足に襲われます。

 それもそのはず、ネット上には大規模サイトが山ほどあり、そういうところのサイトと記事の内容がかぶるジャンルは避けなくてはいけません。さすがに200記事くらい書いているとネタに困ってくるのも確かです。

 ですが、ライターにはそんな問題もありません!(一部を除く)

大抵はサイトの運営側から「こんな内容の記事を書いてほしい」などと、おおよそのテーマを決めてもらえます。

もちろん、記事の編集や作文については詳細な指示がない場合が多いので、決められたテーマ/文字数の中で いかにして まとめることができるかが能力として問われますし、評価の基準にもなります。

あえて自分でブログネタを探したりする必要がないので、楽に仕事ができるのではないでしょうか。

 

逆に独自サイト運営の意味が分からん

 

 ここまで、色々なライターのメリットを上げてみましたが、こんなに待遇がいいのならなぜみんなライターにならないのか?と考えてしまいます。

 現在、ネットの情報は溢れかえっており、新規のサイトや個人の小さなブログは膨大な情報量の中に埋もれてしまう状態です。当然そうなれば儲けることなど夢のまた夢ですし、ライターとして大規模サイトの一員として働いた方が安定して稼げるのは目に見えて分かるはずです。

 

 正直言って筆者はブログは時代遅れだと思います。

 

 これからの将来性も考えると、やはり大型サイトでライターとして活動する道が賢明だと思いませんか?